aikoの『カブトムシ』を超えるラブソングを聞いたことがない

琥珀の弓張月本と映画と音楽

午前2時。

眠れない夜に初期衝動のままスマホでこれを書いています。

イヤホンで『カブトムシ』をもう30回くらいリピートしながら。

aikoの『カブトムシ』を超えるラブソングなど存在しないと思います。

その理由。

 

ただ好きって言いたいだけのラブソングなんて、

星の数ほど、

腐るほど、

aiko自身の曲にも、

たくさんあります。

でも『カブトムシ』はそうじゃないんですよね。

 

人を好きになることの、恋愛の、喜びと苦しみがこれ以上ないほど的確に表現されている。

 

20年も前の曲で、僕はその時16歳だか17歳かでしたが、

「甘い匂いに誘われたアタシはカブトムシ」

という歌詞を聴いた時の衝撃が今でも消えないです。

 

甘い樹液に誘われるのはカブトムシだけじゃない。

ハチもカナブンもクワガタも甘い匂いには誘われます。

でもこの曲は『カブトムシ』じゃないとダメだった。

カブトムシが昆虫の王者だからです。

強さの象徴だからです。

「強いはずの私の心をこんなにも心を奪って、苦しめて、悔しい。それでも好きで好きで仕方ない」

という人を好きになることの、恋愛の、塩と砂糖みたいな、喜びと苦しみが

「カブトムシ」というたったの一言で表現されていると思うんですよね。

 

この曲の解釈については、

死んだ恋人を思い出す別れの曲

という意見の人もいるようですが

僕は

「想像できないくらいよ。そう今が何より大切で」

っていう歌詞から

今が幸せで幸せで仕方がないっていう

普通に幸せなラブソングだと思いますよ。

 

今ふと思ったのは、

さらに古い曲で『神田川』っていう曲の

「ただあなたの優しさが怖かった」

っていう歌詞が『カブトムシ』と同じく

シュガーアンドスパイスな表現だと思いますが

リアルタイムでaikoの『カブトムシ』という

これ以上ないラブソングを味わった経験はそれこそ

生涯忘れることはないでしょう。

なんちゃって。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました