グランドハイアット福岡に泊まって動物園とか海の中道とか志賀島とか堪能してきた

グランドハイアット福岡遊び・お出掛け

先日、娘の9歳の誕生日に合わせて有給を取りまして、泊まりで福岡市に行って、いろいろと観光してきたので書いておこうと思います。

本当は僕の実家のある宮崎に行く予定だったんですが、ばあば(僕の母)の体調不良ということで、急遽行き先を変更しました。

娘は誕生日を宮崎で祝ってもらうのを死ぬほど楽しみにしていたので、落ち込みようもすごくて。

「宮崎に行けないかわりに、どこでも好きなとこ連れて行ってあげるよ!」と豪語してみた結果、【グランドハイアット福岡】に泊まることになったよっていうお話です。

スポンサーリンク

福岡市動物園

日曜の遅い朝、北九州市から福岡市へ向けて出発。

昼について、ホテルのチェックインの15時まで時間があるということで、まだ行ったことのなかった福岡市動植物園へ行ってみました。

駐車場の混雑を覚悟しましたが、前に並んでいた車は7、8台でした。

それもちょうどお昼だからなのか、出てくる車が割とあって、20分程度で中に入ることが出来ました。

僕は動物園と書いていますが正確には動植物園で、街の中にある施設にしては園内は広く感じます。

でこぼこの地形で坂が多く、園を一望できるような場所もないので余計にそう感じたのかも知れません。

wikipediaによると、開園が1953年と古く、施設の老朽化が気になる部分もけっこうありましたね。

ウリの1つであったであろうゾウは去年に亡くなってしまっていたし、「福岡の動物園にはサイがいる」とはるか昔にどこかで聞いた記憶があって、なんとなく楽しみにしていたんですが、こちらも2016年に亡くなったらしく空のスペースがあるだけでした。

あまり詳しくは知らないですがサイは絶滅危惧種ですからね。見たかった…。

ベンガルヤマネコとかツシマヤマネコとかの猫系の動物も軒並み公開中止だったんですが、これは繁殖時期だからかな?目当てにして行く場合は注意したほうが良いかもしれないですね。

不満ばかりを書いちゃってますが、ぽかぽかして気持ちよかったし、寝ているトラを金網の下から見れたり、意外とレアな動物「バク」を間近で見れたりして娘は楽しんでいました。

スポンサーリンク

グランドハイアット福岡

動物園を出て16時くらいに到着。

宿泊者はキャナルシティの地下にある駐車場に1500円で翌日の13時まで車を止められます。

分かりにくかったのですが、駐車場の入り口はホテルの正面玄関のロータリーを通過した、地下に降りる道です。

部屋からの眺め

ホテルのロビーは重厚な雰囲気で、なかなかの高級ホテルという感じ。

グランドクイーンの客室も綺麗で良かったのですが、ちょっと狭いかな…。

ベッドの他は椅子が一脚あるだけだったので家族三人だと座る場所に困る場面がありました。

風呂とトイレの水回りはすごく良かったです。

部屋のわりに広く取ってあって、デザイン的にも機能的にも注力してるんだろうなという感じが伝わってきました。

お風呂

やはりというか、キャナルシティーが「俺の庭」状態になるのでたくさん買い物したい人には最高です。

部屋からキャナルシティーに来ている買い物客を眺めているだけで暇が潰せるw

連絡通路から見たキャナル

宿泊中使い放題のスマホ【handy】も置いてありました。

あまり触らなかったのでよく分かりませんでしたが。

国内国外への通話とデータ通信が完全無料ということなので、外国人の旅行客には嬉しいでしょうね。

handy

夜はキャナルシティ内の天ぷら屋「たかお」へ。

福岡には「ひらお」「たかお」「だるま」「あげな」という、うまい・はやい・やすいの天ぷら屋四天王があって「たかお」はその中では一番高級。

といっても、スーパードライセット(魚介2種、鶏もも、野菜2種と生ジョッキ)で1080円という驚きの価格です。東京の人とか腰抜かすでしょこれw

良いタイミングで揚げたてを2品ずつ持ってきてくれるシステム。僕はご飯(150円)も一緒に注文した

スポンサーリンク

海の中道海浜公園

次の日。キャナルシティ内のパン屋さんで朝食を済ませ、チェックアウトして海の中道海浜公園へ。

キャナルシティ博多から海の中道海浜公園までは20km程度の距離ですが、公園で食べる弁当を調達したりしていたら昼過ぎてました。

ここはものすごく広い国営の公園で、遊具や広場がある公園のほかに、ホテル、水族館、ちょっとした動物園、キャンプ場、夏にはプールもオープンしたりして、話を聞いただけでヘトヘトになれますw

公園内の「子供の砦」という展望台から見た景色

水族館(マリンワールド)だけは以前訪れたことがあって、その他のエリアの全容があまり分からないまま入ったのですが、とにかく広い。広すぎる。

駐車場も迷うし、レジャーシートを広げてご飯を食べる場所すらも広すぎてなかなか決まらないんです。

遊具や広場のある場所はワンダーワールドという名前なので、これから行かれる方は覚えておくと迷わずに済みます。

レンタサイクルで公園の外周を周る遊びも出来るんですが、来場者に対して自転車の数が圧倒的に足りないらしく、長蛇の列でした。

自転車に乗りたい場合は出来るだけ朝早く来て、目の前の遊具の誘惑に負けずにすぐに列に並びましょう。

スポンサーリンク

志賀島

自転車を諦め15時くらいに海の中道海浜公園を出て、その奥に位置する志賀島へ。

ここは橋で繋がった島なので車で渡れます。

志賀島と言えば江戸時代に金印が見つかった場所として有名で、教科書にも出てくるので、県外の人でも名前を聞いたことあるという人もいると思います。

車で30分もあれば一周出来る、岩に囲まれた小島という印象ですが、志賀島休暇村という宿泊施設の前が整備されたビーチになっていて、そこで少し遊びました。

博多湾に陽が沈む前に島を出て帰宅しました。

スポンサーリンク

帰宅

帰りは、高速も国道3号線も混むことを予想して、志賀島から海沿いの道で帰りました。福津市と、前回記事にした宗像市を通るルートです。

走りやすいとは言えないですが、景色は綺麗なので悪く無かったですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました