「九十九島遊覧船」がマジで最高なので全人類におすすめしたい!船で無人島の間を突き進む感動体験に鳥肌が止まらない

九十九島遊覧船遊び・お出掛け

どうも!海が見えると無条件にテンションが上がっちゃう僕です!

この夏、長崎県の佐世保に行く予定のある人は全員「九十九島パールシーリゾート」に行きましょう!

そんで「九十九島遊覧船」に乗ってください!

マジで心の底からおすすめなので!

ご紹介していきます!

スポンサーリンク

そもそも九十九島(くじゅうくしま)とは

九十九島とは

九十九島って名前は聞いたことはあるけどいったい何なの?って方もいると思います。

九十九島は長崎県佐世保市にある、いわゆる「リアス式海岸」の総称です。

日本一の島の密度を誇る九十九島は「西海国立公園」に指定されていたり、ユネスコの「世界で最も美しい湾クラブ」に国内では5例目として認定されたりもしている、雄大な自然が織りなす絶景中の絶景です。

絶景って言われる場所はこれまでに何箇所も見てきたけど、僕はここが生涯ベスト級で好きです!

ちなみに、九十九島と言ってはいますが、厳密には208の島があるそうで「とにかくたくさんある」みたいなニュアンスで九十九島と言われているとのこと。

スポンサーリンク

遊覧船は「九十九島パールシーリゾート」で乗れます

九十九島遊覧船ターミナル

九十九島遊覧船は「九十九島パールシーリゾート」で乗ることができます。上の写真はパールシーリゾート内の遊覧船ターミナル。

公式サイトはこちら↓

九十九島パールシーリゾート

 

遊覧船の他にシーカヤック体験や無人島に上陸できるヨットセーリング、九十九島の海を再現したという水族館「海きらら」、少し離れたところに動物園の「森きらら」もあったりして、何度行っても楽しめるスポットです。

九十九島クルージング

実際僕もこれまでに4度訪れていますが「森きらら」にはまだ行ったことが無いし、シーカヤックもヨットセーリングも興味はすごくあるけどやったことは無いです。

というのも、毎回、遊覧船に乗ってその後水族館に入るっていうコースで大満足しちゃうんですよね。

それだけ遊覧船がおすすめなんですほんとに。

ついでに11月と2月の土日にやってる「かき食うカキ祭り」も美味しい牡蠣が安くたくさん食べられるのでめっちゃおすすめです。ほんと見どころおおいな。

スポンサーリンク

遊覧船は2種類!「謎解きクルーズ」VS「サンセットクルーズ」

九十九島遊覧船には

  • パールクイーン
  • 海賊遊覧船みらい

という2つの船があります。

九十九島遊覧船パールクイーン

「パールクイーン」は白を貴重とした落ち着いた船で、船内も木目で大人っぽい感じ。

今回僕ら家族が乗ったのはこのパールクイーンのほうだったんですが、カップルとか、落ち着いた感じの老夫婦みたいなお客さんがやっぱり多い気がしました。

九十九島海賊遊覧船みらい出典:九十九島パールシーリゾート公式サイト

「海賊船みらい」はその名の通りいかにも海賊船!っていう感じのルックスで、船内に海賊がたくさんいます(等身大の人形)

ワンピースとか好きなお子さんがいらっしゃるなら絶対に喜んでくれるはず!

時期にもよりますが、だいたい午前10時から30分置きに2つの船が交代で出航しています。

一度のクルーズの所要時間は約50分。

参考までに2019年8月の運行表を公式サイトからお借りして貼っておきます(クリックで拡大)↓九十九島遊覧船運行表出典:九十九島パールシーリゾート公式サイト

通常のクルーズの場合は運航するコースや内容に違いは無いらしいんですが、夏の期間中は特別なクルーズがやっています。

「海賊船みらい」は「謎解きクルーズ」という船内で謎解きを楽しめるイベント、「パールクイーン」には夕暮れ時の「サンセットクルーズ」という、それぞれの船のイメージに合った特別便です。

上の運行表で言うと○のマークが「パールクイーン」の通常クルーズで、今は夏季なので「海賊船みらい」の謎解きクルーズ(運行表の海賊旗マーク)は随時開催されている感じになっていますね。

18時以降はパールクイーンの特別便「サンセットクルーズ」も開催されていますが、意外と開催予定日が少ないので、行きたい方は注意したほうがいいかもですね。

スポンサーリンク

クルーズ中の船からの写真!ワクワクがとまらねー

ここからは僕が撮った写真をひたすら貼っていきます。

数年前に「海賊船みらい」に乗ったことが一度あるので今回で2回目のクルーズ。

「パールクイーン」に乗るのは初めてでした。

九十九島遊覧船

行ったのは2019年7月25日。午前11時の便で出港してすぐの写真です。夏真っ盛りですが薄い雲が空全体を覆っていてあんまり写真映えしてないのが残念ですね。

九十九島遊覧船

これは↑の写真の後ろを見たバージョン。

九十九島遊覧船

↑こういう感じで島がめっちゃ近いところもあります。目を凝らして浅瀬をみると魚が結構いました。

九十九島遊覧船

左手になにかの養殖場と小さな漁船が。九十九島は真珠養殖の発祥の地らしいので、これも真珠の養殖場なのかな。

九十九島遊覧船

僕と娘が陣取った場所はデッキの一番高い場所(見張り台?)。見晴らしの良さと風の気持ちよさで最高です。見張り台は狭いので子供が来たら譲るべきなんだと思いますが、わりとずっと居座ってましたw

九十九島遊覧船

いつもそうなのかは分かりませんが、波は穏やかだし船も大きいので揺れたりすることは全く無いです。娘はかなり乗り物酔いするタイプなんですが、船酔いは一切していません。

九十九島遊覧船

同じルートで戻ってくる「海賊船みらい」とすれ違うところ。船同士が最接近したら誰ともなくお客さん同士で手を振り合ったりします。僕はそういうのノリノリでやるタイプw

九十九島遊覧船

船内にはアナウンスが流れていて島の名前とかを教えてくれるんですが、ワクワクしているのであんまり聞いてないです。これも、なんとか島。横たわったライオンに見えるとかなんとか言ってたような気がします。

九十九島遊覧船

島に囲まれた入り江。ここまで来たらその場で向きを変えてUターンします。

九十九島遊覧船

娘の後頭部。夏休みの良い思い出のひとつになってくれるといいけど。あんまり遊べなくてごめん。

九十九島遊覧船

かなり近くを猛スピードで追い越していった小さな漁船。右手にはやっぱり何かの養殖場が。

九十九島にある208個の島の中で、人が住んでいる有人島は3つあるらしいのですが、近隣の人たちにとってはこれが日常なんですよね。当たり前だけど。

僕は都会の生活よりも海の見える場所で暮らしたいっていう憧れが昔から強いので、九十九島に住んでいる人がめっちゃ羨ましいです。

スポンサーリンク

車は無料の第3駐車場に停めるのがおすすめ

九十九島パールシーリゾート出典:九十九島パールシーリゾート公式サイト

これから遊覧船に乗りにパールシーリゾートに行ってみよう!って人にちょっとしたお得情報を。

車は第3駐車場に停めるのが絶対おすすめです!

なぜなら3時間以内の利用なら無料だからです↓

パールシーリゾート駐車場について出典:九十九島パールシーリゾート公式サイト

第3駐車場って言葉だけ聞くと「遠いんでしょ?何分か歩かなきゃいけないんじゃないの?」って思われると思うんですが、ここの第三駐車場は全然近いです。

そもそも第1駐車場が広いので、第1駐車場の端に停めるのと第3駐車場のいちばん近くに停めるのとそんなに歩く距離変わらないんですよねw

スポンサーリンク

海好き、船好き、絶景好きの人には絶対おすすめ!

海が好き、船に乗るのが好き、綺麗な景色が好きって人は全員九十九島遊覧船に乗りましょう!

絶対に満足できますので。

ちなみに佐世保のある長崎は、毎年冬に「長崎ランタンフェスティバル」っていうのもやっていて、その記事も書いてるので良かったら見ていってください↓

【写真たくさん】長崎ランタンフェスティバル2019に行ってきたよ!実写化されるキングダムとコラボもやってた!
書くの遅くなってしまったけど、長崎ランタンフェスティバルに今年も行ってきました! 今年も、と言っても行くのは3年ぶりくらいですが。めちゃくちゃ好きなイベントなので本当は毎年行きたいんですが、大雪とか日程とかで行けない年もあるん...

ほんと僕長崎好きだなー

コメント

タイトルとURLをコピーしました